スポーツの怪我

スポーツの怪我で困っていませんか

スポーツ

  • 捻挫が癖になっている
  • 外傷のあとの練習が怖い
  • 怪我の治療中でも試合にでたい
  • 短期間で怪我を回復させたい
  • 外傷の再発予防がしたい
  • 怪我の後遺症に悩んでいる

スポーツ外傷とスポーツ障害の違い

運動「足を捻ってしまった」「最近、試合中に肘が痛むんだ」など、スポーツをしている人にとって怪我は付きものになっています。からだを激しく動かす・動かさないに関係なくケガはおきます。そのようなスポーツの怪我には、外傷と障害の2つがあります。

スポーツ外傷とは、試合中や練習中に人と接触したり物にぶつかったりなど明らかな原因がわかる怪我のことをいいます。例えば、捻挫・打撲・脱臼・骨折・肉離れなどがあります。これらは、怪我が起きたときにすぐに対処しなければ、大きな後遺症などにつながります。つまりスポーツ外傷は、急性の怪我になります。

スポーツをしている誰しもが、練習から試合、試合から練習とトレーニングを積んでいます。このときスポーツ種目によっても違いがありますが、からだのある一部分に過度な負荷をかけています。そして、この負荷がかかった部位に軽い痛みなどが起こり、休んで施術するなど改善をさせないと慢性的な怪我となります。

これがスポーツ障害といわれるものになります。例えば、テニス肘・野球肘・ジャンバー膝・アキレス腱炎・疲労骨折です。これらは、筋肉の強い緊張が姿勢の歪みなどを発生させ、その歪みによって悪化するため、症状が発生した段階で改善することをおすすめしております。

スポーツの外傷と障害の保険適応

包帯健康保険とは、昭和36年に作られた国民皆保険制度により、すべての国民がもっているものです。

これは、お客様が支払う施術費などを一部負担で済むような仕組みになっています。しかし鍼灸整骨院は医療機関でないため、病気の診断や治療ができません。つまり医療費ではなく療養費という取り扱いなっているのです。これにより鍼灸整骨院の施術費用については、規制があり健康保険が適用になる場合とない場合があります。

この仕組みに定められた規定から、スポーツによる怪我の保険適応には下記のよう決まりがあります。

当院においては、お客様に余計な負担をかけないように、問診、検査、施術などでかかった費用に関して説明をしております。疑問点や保険組合からの問い合わせ等がある場合は、お気軽にスタッフまでお問い合わせください。

  • 大前提として整形外科などの医師から同意があること、それも書面状になります
  • 適応になる疾患は、打撲、捻挫、骨折、肉離れ、脱臼の5つになります
  • 鍼灸整骨院で施術を受けている間は、同じ疾患での通院はできません
  • 湿布や鎮痛剤の服薬期間も、医療機関に通院していることになります
  • 医師の同意は3ヶ月間の有効期間であり、その後は口頭での同意になります
  • 施術費について5ヶ月間は、料金表通りになりますが6ヶ月以降に関して80%に減額されるように決まっています
  • スポーツ障害になっているテニス肘・野球肘・ジャンバー膝・アキレス腱炎・疲労骨折などは、原則、保険適応外になります
  • 健康保険の3割負担になりますが療養費のため、施術後の支払いのときに内容を確認してお客様のサインを頂く決まりになっています

当院におけるスポーツによる怪我の施術

施術通常、スポーツによる怪我は、試合中や練習中に起こるケースが殆どです。これには、1つの部位に慢性的に負担をかけている野球肘やテニス肘なども含まれます。

この怪我は、まず痛みなどの炎症を抑えることが重要になります。そのために試合中や練習中の怪我は、専属のトレーナーなどがまずは冷却します。この方法は、打撲、捻挫、骨折、肉離れ、脱臼などが起きたとき、そこに炎症という熱が発生することから冷却が的確な処置になります。当院もスポーツの怪我については、痛みが鎮静するまで炎症部位の冷却からはじめます。

スポーツによる怪我は、痛みが消失されると改善したと多くの方が感じます。これが怪我とのはじまりになることがよくあります。それは痛みが消失されても筋肉や腱の損傷が残っているために、無症状のまま周りの筋肉などに悪影響を与えるからです。その後再発が繰り返されると将来的にその種目から引退しなくてはいけない事態になります。そのときに、悔やんでも過去には戻れません。プロのスポーツ選手などの引退の原因になっています。

このようなとき、当院では焦る気持ちをカウンセリングし、休養の重要性を理解していただき、姿勢の矯正なども含めた施術をすることで改善させていきます。あわせて再発防止になるようなストレッチもお教えしております。

リハビリとメンテナンスの重要性

メンテナンススポーツによる大怪我は、選手生命にも影響が及ぶことがあるため、痛みが消失され筋肉や骨が改善されても、精神的な問題で損傷した部位をかばうことがあります。これを解決させるために、スポーツに復帰した後、リハビリやメンテナンスが必要になると考えられております。

当院では、同じ部位の再発を予防するために、スポーツに復帰した後に出てくる体の歪みを、その都度メンテナンスしリハビリも実施しております。スポーツの怪我は、その後のケアが最も重要になるからです。