骨盤矯正(調整)

当院の骨盤矯正(調整)

骨盤の施術当院は、骨盤を支える「筋肉」が硬くなることによって、骨盤の歪みやバランスの崩れが起きると考えております。つまり骨盤を支える筋肉をほぐすことが、骨盤をもとの状態に戻すことができる施術なのです。

骨盤矯正(調整)といえば「ボキボキ」と音がするものだと思っていませんか?このような音は、当院の骨盤矯正(調整)は、硬くなった筋肉を徐々にほぐすための施術なので、このような音がでません。自然な状態で無理なく施術を受けていただけます。

このような方に骨盤調節をおすすめします

腰を痛がる女性

  • 出産してから腰痛に悩まされるようになった方
  • なかなか背中の痛みが改善されない方
  • 股関節や恥骨に痛みがある方
  • ひどい腰痛のために歩くことがつらくなった方
  • 出産前の体型に戻らない
  • 骨盤が歪んでいないか気になる方

骨盤が歪む原因とは

ハイヒールで歩く女性骨盤が歪むのは、出産後だけではありません。子供のころから歪んでいる方もいらっしゃいます。こんな場面がないか思い出してみてください。

  • 骨盤が固まっていない子供のころに、強く腰をぶつけたことがある
  • いつも片方の手で鞄をもっている
  • スポーツなどで片方の手か足ばかり使っている
  • デスクワークで長時間座っている
  • かかとの高いヒールばかり履いている
  • 運動不足になっている
  • 姿勢が悪い
  • 出産経験がある
  • 加齢
  • 体重増加
  • メタボ体型

骨盤の歪みによるリスク

頭を痛がる女性骨盤は、内臓や生殖器を守る働き、強い衝撃を吸収する働き、上半身を支える働き、ただしい姿勢を守る働きなどがあります。そのために骨盤が歪むと多くのリスクが生じます。

  • 内臓の働きが鈍るため、肥満、生活習慣病、糖尿病につながる。
  • 生理不順や生理痛になりやすい。
  • 自律神経が乱れるため、血行が悪くなったり、高血圧の原因になる。
  • 脊椎のバランスが崩れ、椎間板ヘルニアになりやすい。
  • 上半身を支えることができなくなり、日常の歩行が困難になる。
  • 姿勢が悪くなるため、肩こりや頭痛がひどくなる。

出産後の骨盤矯正(調整)が大切です

妊婦出産時に骨盤が開くのは、赤ちゃんを産むための身体の準備です。そのため出産時は女性ホルモンなどが骨盤を広げる働きをします。女性ホルモンは出産後に、赤ちゃんを育てるためのホルモンへと変わっています。そして開いた骨盤がもとに戻っていきます。

ところが骨盤が開いたままになる女性もいます。これが第2子、第3子の出産後になると、その確立が高くなるといわれています。出産後に骨盤が開いたままの状態にすると、つらい生理痛、生理不順、冷え性、肥満、ヒップの体型が変わる、内臓の血流が悪くなり肌あれがひどくなるなどの症状が現れます。

このような体質になったら、ゆっくり骨盤調整するストレスのない施術が役立ちます。また姿勢を矯正することで、全身のバランスが改善されることで血行もよくなります。