腰痛・ぎっくり腰

腰のこんな悩みをお持ちではありませんか?

腰を痛がる女性

  • 日々の生活のなかで、腰が重く活動が鈍る
  • 常に腰が怠いので、なんでも面倒になる
  • 過去に、ぎっくり腰を経験したことがある
  • 朝起きる時に、腰が痛くて立ちあがれない
  • 重いものを持ち上げるとき、腰に痛みや違和感がある
  • 椅子から立ちあがるときに、腰に痛みや違和感がある
  • 身体をひねると、腰に痛みと違和感がある

腰痛やヘルニアの原因とは

腰を痛がる男性腰痛やヘルニアになりやすい人は、長時間同じ姿勢で椅子に座っているデスクワークをしている方、頻繁に重いものを持ち上げたりする方、前屈みになって作業している方などに多いと言われています。

腰痛になる原因は、腰の骨を支える筋肉の疲労、無理な筋肉への負担、筋肉への血行不良、骨格の歪み、精神的なストレスなど様々です。またこれらの筋肉への負担は、日常生活において癖になり積み重なっています。

このような症状を改善するためには、筋肉の表面だけをほぐすだけでは解決できません。骨格や骨盤のゆがみを適切な姿勢へ戻すための矯正、骨格を筋肉でしっかり支えられるようにこりや血行不良を改善させて疲れをほぐす、といったことが腰痛の緩和へと繋がっています。

腰痛の種類

腰を痛がる女性腰痛には、ぎっくり腰や慢性腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛など様々な種類があります。それぞれ症状や原因は異なりますので、ご自身がどの腰痛に当てはまるのか、しっかりと見極めましょう。

腰痛の種類について詳しくはこちら >>>

ぎっくり腰になったときの対処法

腰の施術重い物を持ち上げる、あるいは椅子から立ち上がろうとしたとき、突然、動くことができない痛みに襲われるのがぎっくり腰です。

ぎっくり腰を発症したときは・・・

まずはゆっくり移動してから横になり、痛みが治まるまで安静にしていれば、症状は軽減されてきます。少し痛みが治まると、コルセットやサポーターに補助してもらうことで仕事などに復帰できるケースがあります。しかし、ここで無理をしてぎっくり腰を何度も繰り返すようになると、椎間板を損傷させる原因となります。

ひどくなると外科的な処置、手術をすることになり、回復までに時間を要することになります。そのため、ぎっくり腰になったら痛みの根本を改善し、リスクを軽減させることが大切です。