腰痛・ぎっくり腰

腰のこんな悩みをお持ちではありませんか?

腰痛

  • 日々の生活のなかで、腰が重く活動が鈍る
  • 常に腰が怠いので、なんでも面倒になる
  • 過去に、ぎっくり腰を経験したことがある
  • 朝起きる時に、腰が痛くて立ちあがれない
  • 重いものを持ち上げるとき、腰に痛みや違和感がある
  • 椅子から立ちあがるときに、腰に痛みや違和感がある
  • 身体をひねると、腰に痛みと違和感がある

腰痛やヘルニアの原因とは

腰痛腰痛やヘルニアになりやすい人とは、長時間同じ姿勢で椅子に座っているデスクワークをしている方、頻繁に重いものを持ち上げたりする方、前屈みになって作業している方などに多いと言われております。

このような方が腰痛になる原因は、腰の骨を支える筋肉の疲労、無理な筋肉への負担、筋肉への血行不良、骨格の歪み、精神的なストレスなどが様々です。またこれらの筋肉への負担は、日常生活において癖になり積み重なっています。

このような症状を改善するためには、筋肉の表面だけをほぐすだけでは解決することはできません。骨格や骨盤のゆがみを適切な姿勢へ戻すための矯正、骨格を筋肉でしっかり支えられるように深いこりや血行不良を改善させて疲れをほぐす、これらが腰痛の緩和へと繋がっています。

腰痛の種類

腰痛腰痛には、急に筋肉に炎症が発生するぎっくり腰や炎症が治まっても痛みだけが残る慢性腰痛、長時間同じ姿勢で発生する緊張性腰痛、急に激しい痛みが襲ってくる椎間板ヘルニアなどがあります。

ぎっくり腰

積み重なった疲れ、肥満などの体重増加、普段からの運動不足などによって腰の筋肉の血行が悪くなっているところに、急に強い力を筋肉にかけることで炎症が生じます。

腰椎(腰骨)は、椎間板、関節、筋肉、靱帯などに支えられています。これらが正しい位置、すなわち正しい姿勢になっていないと、急な激しい動きに支えることができなくなり、その負担がどこかで炎症を引き起こし、強い痛みが発生します。

慢性腰痛

ぎっくり腰などの急性腰痛を起こした後に、その炎症がなくなっても鈍い痛みが継続している状態です。これは、いままでの習慣や周囲の環境、姿勢の歪み、ストレスなどが関係しているため、痛みの改善だけではなくカウンセリングをして、1つ1つの原因を取り除いていくことが重要になってきます。

緊張性腰痛

筋肉は、長時間同じ姿勢でいると伸ばされた状態のままの緊張、縮んだ状態のままの緊張が、筋肉に過度な疲労を溜めます。その疲労が溜まった筋肉は、周りの筋肉に協力を求めるようになります。

そのために周りの筋肉は、余分な負担を受けることとなり疲労した筋肉が増えることで腰痛が発生します。この状態は筋肉が捻挫をしていることになるため、できるだけ早く施術を受ける必要があります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、ぎっくり腰のように強い痛みが急に起こりますが、これとは別に足の痺れを伴います。この痺れは背骨の中にある神経を圧迫していることで起こります。

椎間板ヘルニアは、背骨の腰部にある椎骨と椎骨の間を埋めているクッション代わりとなる軟骨(椎間板)が変形して神経を圧迫することで痛みと痺れが生じます。これは深部にある筋肉の緊張に伴う疲労や骨格の歪みが原因と考えられており、また人間のなかで一番重い頭部を長年支えてきた筋肉や背骨の疲労が原因とも考えられています。

痛みや痺れは、外科的治療で取り去ることができますが、深部にある筋肉の改善や骨格の矯正により、再発を防ぐことが重要になってきます。

座骨神経痛

腰痛座骨神経痛とは、腰から足へとつながっている座骨神経が圧迫や刺激を受けることで起こります。座骨神経痛の症状は、痛みと痺れが腰、お尻、太ももの裏、すね、足先に起こります。

ひどくなると神経を圧迫しているために麻痺や痛みによる歩行障害が起こります。原因の1つになるのが、若い方の場合は椎間板ヘルニア、高齢の場合は腰部脊柱管狭窄症になります。また座骨神経痛の場合、骨盤と骨格の歪みから生じるケースが多いため、姿勢の矯正や深部にある筋肉の疲労を改善することで痛みが緩和されると考えられます。

ぎっくり腰になったときの対処法

施術重い物を持ち上げる、あるいは椅子から立ち上がろうとしたとき、突然、動くことができない痛みに襲われるのがぎっくり腰です。

ぎっくり腰を発症したときは、まずはゆっくり移動してから横になり、痛みが治まるまで安静にしていれば、症状は軽減されてきます。少し痛みが治まると、コルセットやサポーターに補助してもらうことで仕事などに復帰できるケースがあります。しかし、ここで無理をしてぎっくり腰をなんども繰り返すようになると、椎間板を損傷させる原因となります。

ひどくなると外科的な処置、手術をすることになります。このようになると回復までに時間を要することになります。そのため、ぎっくり腰になったら痛みの根本を改善することで、リスクを軽減させることができます。

当院の腰痛に対する施術法

複合電気刺激治療器腰痛になったら、対症療法で痛みをごまかす、いざという時は外科的な処置をすればよいと考えていませんか?特に、長期に渡り整骨院や整形外科に通っていると、このような考え方になってしまいます。痛い時にマッサージや電気治療をすることで満足することは、根本的な腰痛の改善にはなりません。

当院では、腰痛に対して根本的な改善をするために、問診・検査・カウンセリングによって、むかし痛めた箇所やけがの箇所などをしっかりお聞きします。骨格や骨盤の歪みを検査し姿勢から整えることで痛みを緩和させ、再発防止の施術により効果が期待できます。

急激な痛みに対してこそ、このような根本的なアプローチにより、痛みが緩和しているケースがあります。腰痛は、痛みをコントロールしているだけだと、いずれ椎間板ヘルニアなどに進行する可能性がありますので、できれば早期に当院へご相談ください。