鍼治療

鍼治療はこんな症状、お悩みにききます

問診鍼治療を受けに来られるほとんどの方は、これまで多くの医療機関で肩こりや腰痛の施術を受けても、いっこうに治る気配がない方です。「これまでずっと頭痛に悩まされてきましたが、医療機関で処方された鎮痛剤を痛いときに飲むだけの対処方法なのでなんとかなりませんか」と相談に来られます。

このように相談者が多い鍼治療ですが、実は2008年にWHO(世界保健機構)で東洋医学としては珍しく、その効果が認めるようになった施術方法なのです。これによって鍼治療は、日本だけでなく多くの国々で施術に使われるようになっています。鍼はそれほどまでに信頼がおける施術なのです。しかし残念なことに、西洋医学のように臨床データを集めたことがないため、健康保険で認められている範囲が狭いのです。

このほかに鍼治療に来られた方のなかで相談が多いのは、便秘、冷え性、生理痛、身体のむくみ、神経痛などになります。鍼治療というと痛みを治してくれるところと思いますが、便秘や冷え性などで来られている方もいるのです。世界で認められている鍼治療、一度、試してみてはいかがですか。

鍼治療は「痛い」と怖がっていませんか?

鍼「鍼が刺さる」と怖がるのは、当然なことです。しかし医療機関を受診すれば、注射がありレントゲンで放射線もあびることもあり、冷静になって考えれば、同じようなシーンは多くあります。

それに鍼治療は、西洋医学のようにいまや世界中で行われるようになり、安全性や施術への痛みなどでお客様に精神的な負担をかけないように工夫がされるようになってきました。まずは鍼の太さですが、現在はかなり細くなり、はじめのチクッという感覚がないほどになってきています。さらに、鍼の使用方法でも、鍼の繰り返し使用ができないように、使い捨ての完全滅菌されたものが使用されています。

現在、ツボといわれているところは2000カ所以上発見されています。このようなこともあり京都大学では、手足のツボに電気を伝導させ自律神経を改善させる良導絡というものが研究されました。

鍼の細さや感性症対策まで技術が進歩し、医療機関で受ける施術との差がなくなりつつあります。つまり鍼灸治療は、むかしのような痛みなどの感覚がなくなり、安心して受けられる施術になっております。

こんな女性のお悩みにも効果があります

美容鍼いま美容鍼というものがあることをご存知でしょうか。これは、女性がもっとも気になる顔のたるみやハリの改善に効果があるといわれ、以前のような潤いを取り戻せる効果があるのです。シニア層の方は、鍼灸整骨院へ来る機会があり知っている方も多いようですが、最近では若い方でも美顔に来られる人が増えています。

  • 最近、疲れた表情になったと言われる
  • 化粧するとき、ほうれい線が気になる
  • 肌のハリと潤いがなくなってきた
  • どうしても顔のたるみがとれない
  • 頬や鼻の毛穴が目立つようになり、化粧に時間がかかるようになった

女性は加齢とともに、だれしもがこのような悩みを抱えてしまいます。だからアンチエイジングに期待ができるといわれるものに、チャレンジされてきた方も多いのではないでしょうか。これを顔の深部からしっかりと改善できるのが美容鍼になります。美容鍼について詳しくはこちらを参照してください。

秋田市の受領費の助成について

助成金秋田市では「いきいき長寿はり、きゅう、マッサージ費助成事業」を実施しております。その内容には、高齢者の健康の保持・増進をはかるために後期高齢者医療保険者を対象にはり・きゅう・マッサージを受けると1日1回800円助成されることになっています。

ただし、これには秋田市へ申請手続きが必要ですが、年間15回12,000円が助成されるので、鍼灸整骨院を利用しやすくなります。

対象は、秋田市にお住まいの後期高齢者医療制度に加入されている方だけになります。ご不明な点があれば、当院にご相談ください。

鍼の特徴

鍼当院の鍼治療は、トリガーポイントといわれる、痛みに関わる全体の改善を取り入れております。例えば、腕のこりと痛みで困っている方には、首・肩・上腕まで鍼を刺して全体的に改善させていきます。

また鍼は手を使う施術と違い、疲れている筋肉の深いところまでアプローチすることができるため、自律神経系の痛みや不調にも効果があると考えられます。自律神経系の痛みや不調には、冷え性・胃腸障害・生理痛・更年期障害などがあります。

現在、当院に来られている7割の方は、鍼の施術と手を使う施術の併用により体質の効果が得られております。手だけの施術だと効果が少ないところから考えられた方法になっています。つまり当院では、この併用により問題になっている箇所とその関連する箇所を深部から表面まですべて施術できる鍼灸整骨院になっております。