肩こりや首の痛みをそのままにするリスク

肩こりや首の痛みをそのままにするとどんなリスクがあるのでしょうか

頭を抱える男性肩こりと首の痛みは、からだの大切な場所と連動しています。例えば、頭は首が支えており、その首を支えているのが肩であり腰であり骨盤です。

そのため、肩・首の痛みを放置すると、身体の節々に不調をきたします。

椎間板ヘルニア

首の痛みが続き、頭の重さに耐えられなくなると首にある頸椎にヘルニアができたり、頸椎のなかにある神経が癒着したりする病気につながります。また首の痛みをカバーするために腰が痛み、頭の重さに耐えられなくなり椎間板がヘルニアを起こします。

うつ病

首の痛みや肩こりが原因となり睡眠不足からくるうつ病のリスクもあります。ストレスからくる肩こりなども自律神経に悪影響を及ぼし睡眠不足や自律神経失調症などにかかりやすくなります。

まとめ

このように肩こりや首の痛みは、将来的に大きな病気につながる可能性があります。そして首や肩の血行が悪くなっていることで、お肌のハリや潤いがなくなり老化も早まることがあります。血行不良は全身に悪影響を及ぼし、生活習慣病や心臓の病気、脳の病気になどにも関連していきます。

痛いときだけ薬を服用したりシップを貼ったりするだけでは根本の改善にはなっていません。だからこそ、筋肉のこりをほぐし、深部の血行を改善が必要になってくるのです。

基本情報

院名 いしかわ鍼灸整骨院
住所 〒010-0914 秋田県秋田市 保戸野千代田町13−1 セレクトビル1F
電話番号 018-853-1140